おはようございます。

今日のニュースは、
年末に安倍総理大臣が真珠湾を訪問したニュースです。

今日の英語ニュース

Japan PM Shinzo Abe offers Pearl Harbor condolences

Japanese PM Shinzo Abe has visited the US naval base at Pearl Harbor, where he offered “sincere and everlasting condolences” to the victims of Japan’s attack on the base 75 years ago.
“We must never repeat the horrors of war again, this is the solemn vow the people of Japan have taken,” he said.
Mr Abe was accompanied by US President Barack Obama, making the visit the first by the leaders of both countries.
Japan devastated much of the base, killing more than 2,400 Americans.

FROM – BBC NEWS 28 December 2016

 

このフレーズを覚えよう!

  • condolence : 哀悼、悔み。「an expression of sympathy with another’s grief」(他人の悲しみに対する同情の表現)
  • naval base : 海軍基地。navalは「connected with or belonging to or used in navy」(海軍に関連する、海軍に属する、海軍で使用される)
  • sincere : 誠実な。心からの。一途な。
  • everlasting : 永遠の。不朽の。永遠に続く。「continuing forever or indefinitely」(永遠に無期限に続けるさま)
  • solemn vow : 固い誓い。
    solemnは真剣な、厳粛な。「dignified and somber in manner or character and committed to keeping promise」(威厳のある、重苦しい様子または特徴で、約束を守ることに献身的である)
    vowは誓い。
  • accompany : くっつく、付帯する。be accompanied by~で「~が同伴する、~に付き添われる、~と同時に起こる」
  • devastate : 徹底的に破壊する、壊滅させる。「cause extensive destruction or ruin utterly」(完全に大規模な破壊や壊滅を引き起こす)

和訳例

安倍晋三首相が真珠湾で哀悼の意を表明した。

日本の安倍晋三首相は、真珠湾の米海軍基地を訪問し、75年前の真珠湾攻撃の犠牲者に対して「心から、永遠の哀悼の意」を表明した。
安倍首相は、「我々は、戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない。これは、我々日本人の固い誓いである。
安倍首相の訪問には、オバマ米大統領も同行した。日米の首脳がそろって(真珠湾を)訪問するのは初めてである。
日本は基地の大部分を破壊し、2400人以上のアメリカ人が死亡した。

 あとがき

この安倍首相の演説は、
生放送で観ていました。
堂々と話す姿は
日本人として誇らしく思いました。

謝罪の言葉が無かったことについて
意見が分かれているようです。
オバマ大統領も広島で謝罪はしなかったので
仕方ないのかなと思います。

戦争のない世の中になってほしいと
誰もが願っているはずです。
ただ、そこに至る道すじや理想の姿が
各国で折り合いがつけられないのだと理解してます。

今回は以上になります。