今回のニュースは、
電通の過労死問題とプレミアムフライデーです。

今日の英語ニュース

Is Japan’s culture of overwork finally changing?

Death from overwork in Japan is such a longstanding problem it even has its own word, “karoshi”.
Now the government and business groups are trying to get workers to take a small step to reclaim their lives by leaving work early one day a month.
The scheme, dubbed “Premium Friday”, suggests companies make staff go home at 15:00 on the last Friday of the month, starting in February.
It has been given renewed impetus by the suicide of a woman who was working more than 100 hours overtime a month at Japan’s biggest ad agency, Dentsu.

FROM – BBC NEWS 30 December 2016

 

このフレーズを覚えよう!

  • death from~ : ~による死亡
  • longstanding : 長く続いている。長年にわたる。
  • reclaim : 取り戻す。改める。更生させる。再利用。
  • dubbed : 吹き替えの。~と呼ばれる。
  • renewed impetus : 新たな弾み。勢い・推進力。

和訳例

日本の過重労働の文化はついに終わるのか?

日本では、過重労働により命を落とすことは長年の問題となっており、「karoshi(過労死)」という言葉さえある。
現在、政府と企業団体は、労働者が自分の時間を少しでも取り戻せるよう、ひと月に1回、早い時間に退社することに取り組んでいる。
「プレミアムフライデー」と呼ばれる来年2月からの新制度では、企業は毎月の最終金曜日は、午後3時に社員を退社させる。
日本最大手の広告代理店の電通で、月100時間以上の残業をしていた女性が新制度の導入を後押しした。

 あとがき

プレミアムフライデー(政府のホームページ参照)、
個人的には是非実施してほしいですね。
たまに、明るい時間に退社すると、
どこかに出掛けようかな♪
と楽しい気分になります。

これまでも祝日が増えたり、
(2016年は山の日が創設されました)
ハッピーマンデーなどの
同様の対策もありましたが、
休日ではなく平日の午後に時間ができるのは
また少し違うような気がします。

今回は以上になります。