今回のニュースは、

前回に引き続き、
2017年1月20日に行われた
トランプ米大統領の
就任演説を取り上げます。

字幕を付けた動画を作成しましたので
まずはこちらをご覧ください。
Youtubeの字幕設定を
onにしてみてください。

今日の英語ニュース

Today’s ceremony, however, has very special meaning. Because today we are not merely transferring power from one Administration to another, or from one party to another – but we are transferring power from Washington, D.C. and giving it back to you, the American People.
For too long, a small group in our nation’s Capital has reaped the rewards of government while the people have borne the cost.
Washington flourished – but the people did not share in its wealth.
Politicians prospered – but the jobs left, and the factories closed.
The establishment protected itself, but not the citizens of our country.
Their victories have not been your victories; their triumphs have not been your triumphs; and while they celebrated in our nation’s Capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land.
FROM – CNN NEWS 20 January 2017

 

このフレーズを覚えよう!

  • merely : ただ単に(onlyより形式ばっている)
  • administration : (集団を管理運営する)陣営、(国を治める)政権。
  • capital : 首都、中心地、資本。「an important city where the main government of a country, state etc is」(国や州の主要な政府機能がある重要な都市。)
  • reap : ~を収穫する、利益を得る、報いを受ける。「to get something, especially something good, as a result of what you have done」(何かを得る、特に何か良いもの、行ったことの結果として。)
  • borne : bearの過去分詞形。耐える、負う、負担する。
  • flourish : 花開く、繁栄する、活躍する。
  • share in : ~を分かち合う、共有する。
  • prosper : (事業などが)成功する、繁栄する、利益を得る。「if people or businesses prosper, they grow and develop in a successful way, especially by becoming rich or making a large profit」(人や事業が成功すると、うまく成長や発展する。とくに、裕福になり、大きな財産を築くことによって。)
  • establishment : 民間・政治・軍事組織、支配者層。
  • triumph : 勝利、偉業、大成功。

 

和訳例

しかし、今日の式典は、非常に特別な意味を持ちます。なぜなら、今日、私たちは単に前政権から新政権に権力を移譲したり、ある政党から他の政党に政権を移譲しているだけではありません。私たちは、ワシントンDCから権力を移譲しているのです。皆さんに、アメリカ国民に戻しているのです。
非常に長い間、首都の一部のグループが政治の恩恵を受けてきた一方で、国民は代償を負ってきました。
ワシントンは繁栄しましたが、国民はその富を分かち合えませんでした。
政治家は利益を得ましたが、仕事は失われ、工場は閉鎖されました。
組織は自らを守りましたが、国民は守りませんでした。
彼らの勝利はみなさんの勝利にはなりませんでした。彼らの成功はみなさんの成功にはなりませんでした。彼らは我々の首都で称賛された一方で、私たちの国内で苦しんでいる家族は称賛されませんでした。

 

あとがき

スピーチの中で、
「仕事が失われ、工場が閉鎖された」
とありましたので、
アメリカの失業者の状況を
調査してみました。

アメリカ労働統計局のデータです。

2008年9月のリーマンショック以降、
失業者数は700万人も増加しています。
失業率でも、5%くらいだったのが
10%近くまで増加しています。

日本でもリーマンショックは
大きな影響がありましたが、
アメリカではその比ではなかったのです。

失業者が増加した原因が、
トランプ大統領が言うように、
政府が原因かどうかは
分かりませんが、

アメリカ国民の中に
不満が広がっていたのは
間違いないようです。

ちなみに、
日本のデータは
総務省統計局から引用しています。

私は仕事柄、よく利用するのですが、
未婚率の全国マップとか、
昼と夜の人口密度マップとか、
興味深い統計が公表されています。

是非、見てみてください。

http://www.stat.go.jp/index.htm

今回は以上になります。